発毛剤にはどんな効果作用があるの?

発毛剤にはどんな効果作用があるの?

最近若い男性でも、M字ハゲやAGAなどの薄毛・抜け毛など、様々な頭髪の悩みを抱えている人が多いようです。

 

しかし、自分の頭髪に塗布すべきなのは増毛剤なのか発毛剤なのか、または養毛剤なのか迷う人が多数いるのも現状です

 

中には発毛剤・養毛剤・増毛剤を一緒くたにまとめて、「育毛剤」と捉えている人も結構いるようです。

 

これらの3つの違いは、下で紹介するような違いがあるので簡単に紹介してみます。

 

 

一般的に発毛剤というのは、毛髪の成長をサポートする意味が強く、特に細くて弱弱しい髪の毛に栄養注入して、毛根そのものを強化する効果があります。

 

ですから、発毛剤を塗布する事で安易に毛が抜け落ちるのを予防し、若々しいしっかりとした髪を芯から育てる作用があります。

 

発毛剤は頭髪や頭皮にも緩やかな育毛効果をもたらすので、副作用も少なく、医薬部外品で販売されている事が多いです。

 

次に養毛剤ですが、これは既存の頭髪を健やかに保つ効果があり、頭皮や毛髪が求める必要な栄養を補給する事で、抜け毛を徐々に減らしていく効果があります。

 

養毛剤には医薬成分が若干含まれるので、化粧品のカテゴリーで販売されているケースが多いです。

 

最後に増毛剤ですが、その名の通りに新しい毛髪を生やす作用があり、まだ覚醒前の毛根に働きかけて毛母細胞の活性化を促進します。

 

何らかの問題で髪が生えて来なくなった頭皮に直接刺激を与えるので、基本的に増毛剤は医薬品になります。

 

医薬品の場合は急激な効果が期待できる分、副作用も大きいので、くれぐれも自分の頭皮や頭髪タイプに合うものを少量ずつ塗布するようにしましょう。

 

毛生え薬の発毛効果 http://kehae87.com/

海外製の発毛剤を使用する時の注意点

 

発毛剤には国内製のものだけでなく、海外製の商品もあります。現在はインターネットを利用した個人輸入もでき、海外製の発毛剤を簡単に購入できます。

 

海外製の発毛剤は効果が高いといわれ、日本人の中でも利用を検討する人が増えています。ただし、利用する前にはいくつかの点に注意したいものです。

 

まず、発毛剤に含まれる有効成分をチェックすることです。有名な成分としては、男性ホルモンの働きを抑制して脱毛を防ぐフィナステリドがあります。また血管拡張作用によって発毛や育毛を促すミノキシジルも、良く使用される成分です。

 

海外製の発毛剤では、これらの含有濃度が高いケースがあります。そのため、性欲減退や湿疹、かゆみなどの副作用が起こる場合があります。

 

そして、発毛剤にどの程度のアルコール成分が含まれているかも確認しましょう。

 

アルコール成分は頭皮の皮脂を強力に洗浄し、血管を拡張させる効果があります。さらに清涼感があり、すっきりした使い心地を得られます。

 

その一方でアルコール成分の濃度が高すぎると、頭皮のかぶれやかゆみを引き起こす原因となります。結果的に頭皮環境が悪化すれば、発毛効果も減少してしまうのです。

 

海外製の発毛剤は、ややもすると効果が強すぎることがあります。実際に使用する前にこれらの点を確かめ、確実な発毛効果を得られる製品を見つけましょう。

人生で初めて発毛剤を使ってみました

 

昔から髪の毛が薄くて、それがコンプレックスでした。

 

髪の毛が薄いので短髪にしたら目立ってしまうので、あまり好きではない長髪にしたりして髪の毛の薄さをごまかしていたこともあります。

 

学生時代や若い時は長髪でごまかすことが出来たのですが、年齡を重ねるに連れて、そういったこともできなくなっていたので、すごく困っていた時期がありました。

 

その時に発毛剤の存在を知って、髪の毛を増やすことができるみたいなので、使ってみることにしました。

 

いざ使ってみたのですが、1ヶ月位全く効果がなく、本当にこの発毛剤で髪の毛を増やすことができるのかと不安だったのですが、2ヶ月間使い続けてやっと効果が出てきました。

 

今まであまり髪の毛が増えたと実感することはなかったのですが、2ヶ月間使い続けて、周りの人たちが私の髪の毛が増えたと言ってくれました。

 

その時はすごくうれしくて、この発毛剤は本当に効果のあるものだとその時始めて実感することが出来ました。

 

それからはその発毛剤をずっと使い続けて、今現在私はかなりの増毛に成功しています。

 

もっと髪の毛を増やしたいと思っているので、これからもこの発毛剤を使って、若々しい髪の毛を維持できるように頑張りたいです。